ビジネスの原稿作成専門サービス 全国対応

昇格試験 断る。。。終わった。。。

time 2020/09/30

昇格試験 断る。。。終わった。。。

昇進を辞退する人は、たぶんその会社では終わったよね、というお話です。

 
出世を断る人には、それ相応の事情を持っている方もたくさんいらっしゃいます。

たとえば、

1、子供がまだ小さいので、役職が上がったら帰るのが遅くなると困る

2、母親が高齢になってきているので、夜までの勤務は難しい

3、今のポジションで研鑽を重ね、近い将来し退職して他の会社に進む

などです。

1と2は、昇進よりも家庭の時間を取るわけですから、これは正しい選択です。

3については、昇進してしまうと自分の能力を向上させる今の仕事からはずれてしまうのはマズイ、というとても正しい選択です。

 
いずれも、「昇進することよりも優先してやるべきことがある」場合です。

これらであれば何の問題もありません。

 
 
ダメなのは上記の場合でない理由です。

 
たとえば、

・仕事が忙しくなるから
・責任が重くなるから
・帰るのが遅くなるから
・たまに土曜日も来なきゃいけなくなるから

いずれも、「負担が増えるのは嫌だから、今のままでいたいと思う」場合です。

 
この場合、きっとその会社でのあなたの立ち位置は今後ろくなものじゃなくなる可能性があります。

 
きっと会社はすでに、あなたのことをまあまあな人材だと思っています。

ひょんなことから、昇進の機会に恵まれ、それを辞退するということは、会社としては「やっぱりな」「断りやがった」となります。

 
それと、根本的なお話ですが、今、あなたの職務領域は、きっと簡単な仕事です。あなたがまだ若い(年齢も社歴も)ので、今その仕事を任されているわけですが、これが5年経って、まだ同じことをやっていれば、会社はそれをまったく評価しません。あなたの仕事は今のあなたのような若い方が担当するものだからです。

 
ダメな理由に付き合うなら、今、あなたが居心地が良く感じているのは、

忙しいほどの仕事をしていないのと、
たいした責任をもともと持たされていないのと、
残業するほど必要とされる能力をまだ持っていないのと、
土曜日に来てもあなたにやるべきことがない

からです。

 
つまり、あなたの代わりはいる状態です。

 
昇格試験はそれを脱すると言いますか、そのエリアを突破するためにとても重要ですので、もしご家庭の事情や心身の事情がない場合は断ることなくぜひチャレンジしていただき、一つ、階段を上がったところで仕事をしてください。

志望動機・自己PRの作成代行 代筆 転職用


メニュー

 
企業運営:
キャッチコピーの制作
 
転職活動:
志望動機・自己PRの作成代行
面接想定問答の作成
 
在職中の書類作成:
昇格試験 小論文 作成代行・添削
始末書・顛末書の作成
退職願、退職届の原稿作成

 

運営責任者

 

運営責任者(技術責任者)の西山です。
お客様の転職活動を、原稿作成の面からしっかりご助力させていただきます。温かに、紳士的にご対応させていただきます。お気兼ねなくご連絡ください。
 

朝日新聞に掲載されました。
ずいぶん昔の、弊社の別業務のことが中心なのですが、2006年当時、志望動機の作成業務を行なっていたことがうかがえ、弊社の歴史をお感じいただけると思います。
 

 

当社のその他サービス