志望動機・自己PRの代筆、面接の想定問答の作成専門

「どのように面接対策をして臨むか」

採用面接。
最重要にして最大の関門です。
 

面接の結果で、合否が大いに決定付けられる

実際のところ、書類審査は合否を決定するためのものではなく、不採用にしたい人を落とすためのもの、つまり、「ふるい」です。目が粗めの。

いっぽう、面接は、事前の(心の)準備次第で、合否が大いに決定付けられます。質問に対する答えもそうですし、もちろん、あなたの話し方や立ち居振る舞い、また、身も蓋もない言い方をすれば、採用担当者の好みにも左右されます。

いずれにしても、書類審査と比べて、面接は準備によって結果が左右される可能性が極めて高いことが想定されます。
 

「採用を決定づける面接での答え方」は存在しない。
あったとしても外には出ていない。

誰もが、「しっかりと面接で受け答えをし、採用を勝ち取りたい」とお思いになると思います。

しかし、ここで一つ、考えなければならないことがあります。

それは、「採用を決定づける面接での答え方」というものが本当に存在するのかどうか。

もちろん、その企業のことを理解していなくて、それに対する面接官からの質問にまともに答えられないというのは論外です。

しかし、「面接官の質問にこう答えれば採用は決定する」という、ゲームのような都合の良いものは、きっとないはずです。

また、仮にあったとして、そのような機密情報が外部に出るのは考えづらいことです。
もし、外部に出ていたとしたら、その企業のガバナンスに問題があることが想像されます。
 

面接官よりあなたのほうが優秀である

他方、企業側、つまり面接官は本当に適切に採用すべき人材を見抜くことができるのだろうか。このことを考えたとき、答えは「ノー」です。

採用する側も人であり、その人の能力や自社への適性を、短い時間の中で精密に判定することなどできないからです。
それに、(大きな声では言えませんが)面接官よりあなたのほうが優秀な場合もあるのに、本当にあなたのことを正しく判断できるのだろうか、とも思います。
 

どのような質問にも答えられるようにしておく。
これが、面接対策の最適解。

これらを踏まえて、

どのような質問があっても、あわてずに、自分の思いを答えられるようにしておく。

これが、面接対策の最適解です。

何のウルトラCもありませんが、できるだけ万全の準備をする、それが採用決定への唯一の正しい方法です。
 
 

運営責任者

 

運営責任者(技術責任者)の西山です。
お客様の転職活動を、原稿作成の面からしっかりご助力させていただきます。温かに、紳士的にご対応させていただきます。お気兼ねなくご連絡ください。
 

朝日新聞に掲載されました。
ずいぶん昔の、弊社の別業務のことが中心なのですが、2006年当時、志望動機の作成業務を行なっていたことがうかがえ、弊社の歴史をお感じいただけると思います。