ビジネスの原稿作成専門サービス 全国対応

雇用の流動性(転職したい放題)を真に受けてはいけない

time 2020/02/23

弊社は、志望動機・自己PR原稿の作成のほか、卒業式や入学式の祝辞原稿もまた、作成しています。

PTA会長の祝辞・挨拶文の作成サービス
PTA会長 卒業式、入学式、総会など

 
先日、お客様と打ち合わせをしている中で、転職活動に関する興味深い話題が出ましたので、シェアしたいと思います。

 
「雇用の流動性って真に受けたら危ういよね」

というお話で、お客様ととても盛り上がりました。

 
最近、雇用の流動性が高くなっています。

つまり、昔のような終身雇用制がすでに破綻していて、1つの会社で働き続けるのではなく、転職することが当たり前のようになってきています。

 
ここだけを見ると、自分により合った会社で仕事をすべく転職すればいい、というポジティブな見方ができますが、でもそれは、とても仕事ができる人に限定されます。

すなわち、転職をするにしても、自身に転職先の会社で活躍できる能力と経験と実績があれば、雇用の流動性の高さはウェルカムかもしれませんが、そうでもない人からすれば、今の会社を辞めることは、とてもリスクが大きいと言えます。

それを理解しないで、安直に会社を辞めて別の仕事先を探そうとすると、痛い目を見ると言いますか、「辞めなきゃよかった」という後悔がやってくる可能性があります。

 
ではその「転職先の会社で活躍できる能力と経験と実績がある人」と「そうでない人」との違いはと言うと、何かの尺度を当てはめないと明らかにはなりませんが、平たく言うなら、現職でガンガン結果を出していて、自分の中でとても自信があると思っている人かそうでない人か、です。

 
「自分が今、上場来の最高値の状態で売り抜ける」

これは私の言葉ではなく、どこかの会計の専門家の方が言っていたと思うのですが、とても的を得ているなあと感心しました。

要は、今、自分がフルマックスで、将来、これ以上の伸びが考えられないくらい能力も経験も実績も最高の状態のときに転職するのがいい、という意味なんです。

もちろん、転職をする理由は、自身のポジションを上げるためだけにするものではなく、自身の適性や生活環境なども大いに判断材料になりますので、かならずしも「上場来の最高値」でないといけないわけではありませんが。

いずれにしても、雇用の流動性という、なんとなく便利な言葉を真に受けず、今いる会社が本当にいるべきなのか、辞めるべきなのか、世の中のなんとなくの風潮は考慮せず、自分でしっかり考えて決めることをお勧めいたします。

 
ところで、終身雇用制は、今となっては悪いもののように言われることが多くなりましたが(時代ですね)、人材のマネジメントの面から言えば、わりといい面もあるんじゃないかなと思っていますが、これはちょっと企業側のお話ですので、また改めてどこかのタイミングでお話ししたいと思います。

優れた転職用の志望動機をお作りします。

メニュー

 
転職活動:
履歴書 志望動機・自己PRの作成
面接対策
 
在職中の書類作成:
昇格試験の小論文
始末書・顛末書の作成
退職願、退職届の原稿作成

 

運営責任者

 

運営責任者(技術責任者)の西山です。
お客様の転職活動を、原稿作成の面からしっかりご助力させていただきます。温かに、紳士的にご対応させていただきます。お気兼ねなくご連絡ください。
 

朝日新聞に掲載されました。
ずいぶん昔の、弊社の別業務のことが中心なのですが、2006年当時、志望動機の作成業務を行なっていたことがうかがえ、弊社の歴史をお感じいただけると思います。
 

 

当社のその他サービス