ビジネスの原稿作成専門サービス 全国対応

テレワーク なくなる?オフィス回帰の足音

time 2021/08/15

テレワーク なくなる?オフィス回帰の足音

 
昇格論文の、人材マネジメント周りの材料に良いので、シェアします。

 

新型コロナウィルスの感染拡大により、テレワークが一気に広まった。

出社をすることなく自宅で仕事ができる。営業担当者であれば直行直帰ができるなど、労働者にとっては便利な働き方に光が当たるようになってきた。企業側から見ても、場所を選ばずに働いてもらえることは、通勤圏外の人員もまた採用することができることを意味し、また、オフィスの縮小・交通費支給の減少など、テレワークの台頭による恩恵を受けている、かに見えた。

しかし、ここにきて風向きが変わり始めている。IT大手のGoogleが、テレワークを行い場合、オフィスと同じ都市に住んでいれば賃金カットはないが、それ以外の都市に住んでいる場合は距離に応じて給与を減額すると言うのだ。これはGoogleだけでなく、facebook社やTwitter社でも同様の試みを始めており、シリコンバレーでは試験的に導入しているとのことだ。

Pay cut: Google employees who work from home could lose money
https://www.reuters.com/world/the-great-reboot/pay-cut-google-employees-who-work-home-could-lose-money-2021-08-10/

 
日本語字幕ありのロイターのニュース動画

 
この報道が示すのは、就労場所としてのオフィス回帰である。

これがシリコンバレーで広がるかどうか、アメリカ全土、そして日本でも広がるかどうかは不透明であるが、仮にオフィス回帰がなされるのだとしたら、中小零細企業にとっては絶好の機会である。給与の減額をせずにテレワークを推奨し、それも全国からテレワークの社員を採用するのだ。きっと有能な人材が集まるだろう。

もちろん、テレワークで円滑な職務遂行ができる仕組みを作ることは必須である。

※この例文は知的財産権で保護されています。

というアプローチができます。

なお、ここにオフィス回帰についての考え方を導入すれば、さらに厚みが出ます。

 
昇格論文の作成はこちら

昇格試験 小論文の作成代行・添削

メニュー

 
転職活動:
採用試験 小論文・レポート
志望動機・自己PRの作成代行
職務経歴書の作成代行・代筆
面接想定問答の作成
 
昇格試験の書類:
昇格試験 小論文 作成代行・添削
ケーススタディ模範解答の作成
昇格試験 プレゼン資料の作成
 
在職中の書類作成:
始末書・顛末書の作成
退職願、退職届の原稿作成
 
原稿作成以外のご対応:
エクセル マクロの作成代行
(当社別サイトに飛びます)

 

運営責任者

 

運営責任者(技術責任者)の西山です。
お客様の転職活動を、原稿作成の面からしっかりご助力させていただきます。温かに、紳士的にご対応させていただきます。お気兼ねなくご連絡ください。
 

朝日新聞に掲載されました。
ずいぶん昔の、弊社の別業務のことが中心なのですが、2006年当時、志望動機の作成業務を行なっていたことがうかがえ、弊社の歴史をお感じいただけると思います。
 

 

当社のその他サービス